心臓血管センター

心臓血管センターからのお知らせ

休診等のおしらせはありません。

外来受付時間

午前 月~土 8:00~11:00 (診察 9:00~)
午後 月〜金 12:30~16:00 (診察 13:30~)

外来診療担当医師一覧表(平成30年1月4日現在)

午前 午後
髙木,松川 田中,進士
進士,髙木 林,松川
林,江口 髙木
江口 進士
田中,松川 田鎖
林,江口

※やむを得ず変更となる場合がありますので、事前にお問い合わせください。

特色

当センターでは、熟練した心臓専門医とスタッフが最先端の診断・治療技術を駆使し、より安全で質の高い循環器診療を皆様にご提供いたします。心臓・血管疾患についてご心配なことがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

また当センターのスタッフは、冠動脈疾患と末梢動脈疾患のケアにおける最先端技術や、不整脈の検査と治療法である電気生理学のトレーニングを積むなど、国際レベルの研修を受けた心臓病治療チームです。安全かつ患者様を中心としたケア環境の中、さまざまな心臓疾患と末梢動脈疾患の迅速な診断と治療を行う先端技術の熟練者たちが、皆様の健康をお守りします。

取り扱う主な疾患

  • 心筋梗塞、狭心症
  • 下肢閉塞性動脈硬化症
  • ペースメーカーを要する徐脈性不整脈
  • 頚動脈狭窄症
  • 心不全
  • 高血圧症
  • その他循環器関連疾患

心血管疾患は「サイレントキラー」

心血管疾患は、癌と同様に症状が無いまま病状が進行し、症状が現れたときは重症となっており、時には死に至る危険性の高い、まさに「サイレントキラー」です。
心血管疾患は日本の場合、65歳以上の女性における死亡原因の第1位です。心血管疾患から心臓発作、脳卒中、足の切断および死亡に至る場合があります。

心血管疾患の影響は、足にも現れます。

足の動脈が詰まるのは、高齢者(70歳以上)の3割および50歳以上の喫煙者と糖尿病の人に見られます。この病気によって起きる症状は、生活の質に影響を与えます。さらに足の動脈が詰まるということは足の切断ばかりではなく、心臓発作、脳卒中、または死亡に至る危険性を示しています。足の痛みを我慢して生活を送る必要はありません。足の詰まった動脈は治療することが可能です。

ABI検査をご存知ですか?

ABIとは両腕と両足の血圧を同時に測定する簡単な非侵襲的検査で、足の動脈のつまりを非常に高い確率で見つけることができます。所要時間は5分~10分程度です。
ABIは、年齢が70歳以上の方と、50歳~69歳で過去に喫煙していたもしくは現在喫煙しており、糖尿病や高血圧を持っている方は検査を受けることが推奨されています。

早期診断で命を守りましょう。

心血管疾患では症状が徐々に現れることもありますので、癌と同様に早期に発見することが最も重要となります。
循環器疾患(心血管疾患)は、心臓だけでなく血管の疾患でもあるため、心臓、足、脳だけでなく、他の重要な臓器への血流にも影響を及ぼします。適切な心機能と血流がなければ、身体の他の部分の機能も徐々に損なわれていきます。心血管疾患の危険因子には次のようなものがあります。

危険因子

  1. 喫煙
  2. 糖尿病
  3. 高血圧
  4. 年齢が50歳以上
  5. 高コレステロール
  6. 腎臓病(透析患者)
  7. 心臓病または脳卒中の家族歴
  8. 肥満
  9. ストレス

検査実績 (各年1月~12月)

カテーテル検査実績

H26年 H27年 H28年 H29年
心臓カテ―テル検査 624 544 600 613
冠動脈カテ―テル治療 548 459 621 819
末梢血管カテーテル治療 148 128 192 146
頸動脈ステント留置術 12 14 17 11
心筋カテーテル焼灼術 5 3 0 5
ペースメーカー植込術 30 14 16 32
CT冠動脈造影(※) 518 554 570

その他の検査(全科合計)

H26年 H27年 H28年 H29年
心エコー 3,424 3,143 3,216 3,409
ホルター心電図 302 279 216 244
トレッドミル 510 329 250 208
ABI 3,312 3,068 2,882 2,904
頸動脈エコー 1,460 1,404 1,301 1,234
心電図 13,504 13,017 13,554 14,905
表在エコー 931 944 840 828
腹部エコー 1,547 1,689 1,637 1,769

※CT冠動脈造影とは

心臓の血管を検査する方法の1つで、心臓をCT撮影し、下の写真のような立体的な画像を作成します。この検査では、血管をよりよく映し出すための造影剤という薬を注射するのみで、身体への負担や、費用の負担も軽く、短時間(外来診察)で行えるのが特長です。
こうして撮影された心臓の写真を専門の医師が見て、冠動脈と呼ばれる心臓に関わる重要な血管を評価し、異常(狭窄・血栓など)を発見します。また、カテーテル検査などの治療後の経過観察でも行うことが多い検査です。
ただし、上記のような有用な検査である一方で、石灰化病変の評価などではより詳しく診断が可能な心臓カテーテル検査をおすすめする場合もあります。

64列マルチスライスCTにて撮影した心臓全体の画像

循環器科カテーテル室での検査の様子

お問い合わせ

当院心臓血管センターについて、あるいは循環器疾患についてのお問い合わせは
林センター長 hayashi@shinkawabashi.or.jp までお気軽にどうぞ。