糖尿病代謝内科

糖尿病代謝内科からのお知らせ

休診等のおしらせはありません。

外来受付時間

午前 月~土 8:00〜11:00(診療 9:00〜)
午後 月〜金 12:30~16:00 (診察 13:30~)

外来診療担当医師一覧表(平成30年4月2日現在)

一糖尿病代謝内科

午前 午後
野川,大野(光) 鈴木
鈴木,渡邊 渡邊
植木,久保田 大野(敦)
久保田,菅井 大野(光),久保田
渡邊,堀内 谷古宇,渡邊
鈴木,陳(第1,3,5),田丸(第2,4)

医師紹介

植木 彬夫

大野 敦

谷古字 史芳

渡邊 妙子

野川 深雪

田丸 新一

菅井 啓自

陳 里菜

特色

当科は、糖尿病を中心に、メタボリック・シンドロームや代謝疾患(脂質異常症、高尿酸血症等)の診療をしております。

外来診療は、日本糖尿病学会専門医・指導医を含む常勤医師2名、非常勤医師9名が担当しており、年間約1,400人以上の糖尿病患者様が通院されています。また、近隣の先生からも多くの糖尿病患者様を紹介いただいております。

血糖を上手にコントロールするためには継続して通院していただくことが何より大切と考えています。糖尿病教室や糖尿病患者の友の会の活動などを通して、糖尿病を正しく理解していただくだけでなく、患者様同士や当院糖尿病スタッフとの交流を通じて楽しく来院していただけるよう心がけています。

特徴

  • 外来診療は原則予約制(急患を除く)です。待ち時間短縮のために電話でのご予約にご協力お願いします。
  • 診察日に血液検査・尿検査を診察前に行い、血糖値・HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)などは当日に結果を説明します。
  • 土曜日がお休みの方のために毎週土曜日午前(2診体制)に診療を行っています。
  • 診察室近くに採血室や栄養相談室を設置し、スムーズに採血・栄養指導ができるようになっております。
  • 待合室にはテレビを設置し、診察をお待ちの間にも糖尿病の教育ビデオ等を視聴できるようになっております。

糖尿病教育入院について

  • 糖尿病教育入院は随時受け付けております。主に2週間のクリティカルパスを使用しており、平均入院期間は12日です。
  • 常勤医2人がグループ主治医制をとり診療にあたります。
  • クリティカルパスを導入し、スムーズな診療計画を心がけています。
  • 入院患者様には週5日の糖尿病教室を開いております。医師だけでなく、看護師、栄養士、薬剤師、理学療法士などの糖尿病チームが患者様の入院生活をサポートします。
  • 外来でも日本糖尿病療養指導士の資格を有する専従の看護師がインスリンの自己注射や自己血糖測定などの療養指導を行っています。

糖尿病患者友の会・・・「いちょうの会」

糖尿病患者様のための友の会『いちょうの会』を設立しており、現在約50名の方が会員になられています。友の会では会報(年6回程度)を発行し、糖尿病療養に役立つ情報を提供しています。また、糖尿病教室や料理教室・食事会など様々な活動を行い、糖尿病を正しく理解するだけでなく、楽しく療養できるように工夫しています。

いちょうの会発行の会報のご紹介

3ヶ月に1回のペースでいちょうの会独自で発行している、会員様向けの会報です。会員の方にはご自宅に発送しております。

糖尿病劇場(第四版)のご案内

外来・入院で行われている糖尿病教室では、当院スタッフが作成したオリジナルの 糖尿病テキスト 『糖尿病劇場』(第四版) を用いております。

価格750円(税込)。ライブラリーにて販売致しております。

施設認定

  • 日本糖尿病学会認定教育施設Ⅰ
  • 栄養管理・NST実施施設