脊椎疾患

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症(ようぶ せきちゅうかんきょうさくしょう)とは

人間の首から腰にかけてある背骨には、脊柱管と呼ばれる管が通っています。この管が狭くなると中を通る神経が圧迫(狭窄)されて様々な症状が起こります。この状態が腰の付近で起こる事を腰部脊柱管狭窄症と呼んでいます。
狭窄の原因は様々ですが、代表的なものとして、椎間板ヘルニア、加齢にともなう椎間板、椎体、椎間関節や椎弓の変性など、日常的に腰に負担がかかる方に多く見られる傾向にあります。

症状

神経が圧迫されてしまうと、その部分に痛みを感じたり、腰から下の脚にも痛みやしびれを感じるようになります。また、歩行時や長時間立った状態が続くと、痛みやしびれが強くなり場合によっては動けなくなり、座るなどして休憩を取ると症状が和らぐといった間欠性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれる症状も見られます。
圧迫部分が神経根の場合、主に下肢やお尻の痛み、しびれが出現(座骨神経痛)します。馬尾神経と呼ばれる部分が圧迫されると、下肢やお尻にしびれ、倦怠感を感じる他、頻尿などの排尿障害、排便障害が出現する傾向にあります(馬尾症候群)。また、これらの症状が混合する場合もあります。

治療

圧迫部分が神経根に限定される場合、薬物療法やブロック注射などの保存療法が効果的なことが多く、馬尾神経が圧迫されてしまった場合、ほとんどが手術の適応となります。

MIS(最小侵襲手術)について

MIS(最小侵襲手術)とは手術後の状態を最優先と考え、顕微鏡や内視鏡などを使用し、患者様への負担を少なくすることができる手術です。従来の手術より大幅に切開する部分を減らし、ピンポイントで患部のみを処置していくため、手術中は出血量も抑えられ、輸血も不要のケースが大半です。手術後は傷口も小さく済むため痛みも少なく、早い段階でリハビリが開始でき、短期間で日常生活に戻ることが望めます。
ただし、全ての症例で適応できるとは限りませんので、主治医とご相談下さい。
当院では、MIS(最小侵襲手術)をおすすめしております。