緑内障手術

緑内障について

目の中には房水という水が詰まっています。その水は絶えず作られ、目の外に排出される、いわゆる循環をしています。しかし何らかの理由で水の排出が悪くなると眼圧(目の内圧)が高くなり、視神経(視覚情報を脳に伝える神経線維)が圧迫されて障害を受け、次第に見え方に支障を来してしまいます。これが緑内障という病気です。

緑内障が怖い病気である理由は大きく二つあります。緑内障は生活習慣などに気を付けていても、40歳以上の20人に1人は認められるとても多い疾患である点。もう一つは、初めから視力が低下するわけではなく、視野(見える範囲)の端の方が少しずつ見えにくくなるだけなので、自覚症状に乏しく知らないうちに進行してしまう点です。

緑内障と似た名前の病気で白内障があります。白内障手術は当院で最も手術件数が多い疾患ですが、緑内障という病気は原因や症状も全く異なる別の病気です。

白内障は症状が進行した時に、黒目の中心部分が白く濁って白く見える為、「白」という文字が用いられていると考えられます。

緑内障は諸説あるようで有力なのが、古代ギリシャのヒポクラテスが「眼が地中海のように青くなり、やがては失明する。」といった記述を残しており、これが元となった説です。また、日本語で別名「青底翳(あおそこひ)」とも呼ばれ、緑内障発作で瞳孔部分が散大し、黒く大きくなった瞳孔から見て「眼底が青く影がかかっている」といった意味があります。

緑内障の症状

緑内障の症状について一言で表すと「視野が欠ける」です。視野が欠けた部分は当然、見えていない状態となり、症状が進むと最期には失明してしまう病気です。

視野が欠けたらすぐ気付くのでは?と思いがちですが、日常生活において人間は2つの眼で物を捉え、脳がそれを処理して物を見ております。少々視野が欠けているくらいでは、2つの眼と脳は見えない部分をお互いに補完しあって、視野に支障がないように認識してしまうのです。

また、視野は中心部分よりも少し外れた所から少しずつ欠けていくので、初期症状の場合、多くの人は気付くことができません。眼がかすむ、見えにくいと自覚症状を感じる頃は、かなり進行してしまっている、といったことがあります。

白内障の症状></p>
</div>
</section>
<section>
<div class=

緑内障の原因

緑内障が起こる要因の1つに、眼の中に溜まっている房水という水がうまく循環せず、眼内に溜まり続けることにより眼圧が上昇し、視神経に悪影響をもたらしてしまうことによることが挙げられます。

本来、排水される房水が、何らかの原因で排水されないまま溜まり続けてしまい、眼圧が上昇してしまうのですが、中には眼圧が正常であるにもかかわらず、緑内障を発症するケース(正常眼圧緑内障)もあり、詳しい原因等ははっきりとは分かっていません。また、緑内障には原因によって複数の呼び名があり、治療方法等が変わります。

緑内障の種類

① 原発開放隅角緑内障
② 原発閉塞隅角緑内障
③ 正常眼圧緑内障
④ 発達緑内障
⑤ 続発緑内障

緑内障の診断

緑内障を診断するためには、主に眼圧検査、眼底検査、視野検査、画像検査等があります。

眼圧検査

眼球の押し返す力を測定します。いくつかの方法がありますが、眼の表面に空気を当てたり、小さなプラスチックを軽く当てて測定します。これは、緑内障治療経過や治療効果を確認するための重要な検査です。

眼底検査

瞳から光を通して、目の奥(眼底)の状態を調べます。緑内障は視神経乳頭陥凹(へこみ)が異常化したり、網膜の一部が薄くなったりすることが知られており、この検査は視神経や網膜の状態をみるために行います。また、より詳細な観察をするために散瞳剤を使用して行う場合もあります。緑内障発見のための必須の検査です。

視野検査

静的量的視野計(ハンフリー視野計)、動的力的視野計(ゴールドマン視野計)の2種類があります。

見える範囲(視野)や欠損・感度低下の有無、範囲を調べます。顔と目線を固定して一点を見つめ、視野内の指標である小さな光が見えたら、ボタンで知らせます。片眼10~30分の検査です(※個人差があります)。緑内障診断や進行状態を把握するのに必ず必要な検査です。

画像検査(OCT:光干渉断層計)

眼の中の網膜の状態を断層的に見ることができます。眼底の血管、網膜、視神経を3Dで調べます。緑内障の早期診断などに有用です。

緑内障の治療

現代の医療ではひとたび障害されてしまった視神経は、残念ながら回復することが出来ません。しかし、緑内障は眼圧を下げることができれば、進行を止める、遅らせることが出来る病気です。

早期に適切な治療を受ければ、将来失明に至る可能性は格段に少なくできます。治療内容としては、以下の3つのが挙げられます。

(1)薬物療法

緑内障の多くは、薬物療法が基本となります。最近では、1~2回点眼するだけで眼圧がコントロールでき、視野狭窄の進行も防ぐことができます。自己判断で点眼を中止せず、長期的に根気よく続けていくことが大事です。目薬だけで不充分な場合には、レーザー治療または手術を行います。

(2)レーザー治療

LI(レーザー虹彩切開術:虹彩光凝固術)

急性緑内障の発作(急に眼圧が極端に上昇)が起こった場合や発作の予防に行います。虹彩の周辺に小さな穴を開け、房水が流れる道(バイパス)を作ります。こちらも外来にて処置が可能、痛みも軽度で15分程度で終わります。

(3)外科的手術

薬物療法やレーザー治療が功を奏さなかった場合に行われる治療です。大まかには、房水を眼外に染み出すように細工をする「線維柱帯切除術」と、線維柱帯を切開して房水の排出をたやすくしてやる「線維柱帯切開術」の二つがあります。これらの手術方法は症例に応じて選択されます。手術で眼圧が下がっても定期的な管理が必要です。

入院期間

手術の内容にもよりますが、10日程度を目安に考えてください。

入院費用

手術内容やお部屋によって変わりますが、外科的手術を施行するなった場合、3割負担の方で15~23万円程度(片眼・食事代含)を目安にされてください。※室料差額は別途加算されます。

最後に・・・

緑内障は40歳以上の20人に1人は認められるとても多い疾患でもあります。一方で、緑内障は多くの病型がある他、原因不明なことも多いため、患者様が病状を理解することは簡単なことではありません。また、緑内障は慢性疾患のため、通院治療も長期に渡ります。分からないこと、不安に思う事があれば担当医にぜひお聞きください。当院では患者様に合った治療を選択し、安心して通院していただけるよう心掛けております。