網膜硝子体手術

網膜とは(網膜の役割)

網膜はものを見るための重要な役割を担っており、眼球の内側にある厚さが約0.2mmの透明な膜です。網膜の中で一番重要な部分は、中央にある黄斑部です。黄斑部には、視力や色の識別に関係している細胞があります。

網膜はカメラでいうフィルムの役割を果たしています。
ものを見るとき、光は角膜を通って瞳孔から眼球内に入ります。水晶体で屈折されたあと、硝子体を通り、網膜に到達します。
このとき、網膜で感じとられた光の刺激が視神経を通って脳に伝えられ、「見える」と認識されます。

網膜剥離とは

網膜剥離とは、眼球の内側にある網膜が網膜色素上皮から剥がれてしまう状態のことです。剥がれると視力が低下し、最悪の場合失明につながる病気です。

網膜に穴(円孔)や裂け目(裂孔)ができ、そのまま放置しておくと、そのなかに硝子体というゲル状の水分がどんどん入り込み、網膜が浮きあがり剥がれてしまうのが網膜剝離です。網膜の中心部である黄斑部分まで剥がれた場合、急激に視力が低下し、失明に至る恐れもあります。

網膜剥離の症状

網膜剥離は、治療が早ければ早いほど視力への影響が少ないので、早期発見と速やかな治療が大切です。次のような症状が気になる場合は、眼科で検査を受けましょう。

●目の前を蚊のような黒く動くものがチラチラ見える
●眼の中でピカピカと光って見える
●見ているものの一部がみえない
●見たいものがはっきりみえない

網膜剥離の原因

網膜剥離に繋がる原因のひとつとして挙げられる網膜裂孔について説明します。

網膜裂孔とは、網膜に生じた破れ目のことで、放置すると網膜剥離を引き起こす可能性があります。網膜裂孔は、以下の分類に分けられます。
硝子体の変性・萎縮によって生じる「萎縮性裂孔」と、硝子体と網膜が癒着することで、網膜が硝子体に引っ張られて生じる「牽引性裂孔」に分類されます。中でも「牽引性裂孔」は、網膜剥離につながりやすい特徴があります。

萎縮円孔

・硝子体の変性・萎縮によって生じます。
・比較的若い人に多くみられます。
・近視の度が強い人は、眼球の奥行きが長いために、眼球の壁も薄くなり、網膜にも薄く変性した部位ができることがあります。このような薄い網膜が萎縮して、円孔という丸い裂孔ができることがあります。また、スポーツなどでの目や頭に強い衝撃を受けると、急激に眼球が変化して網膜裂孔が生じることもあります。

牽引性裂孔

・牽引性裂孔は、硝子体と網膜が癒着することで、網膜が硝子体に引っ張られて生じます。
・50歳代を中心として中年層に多くみられます。
加齢とともに硝子体は少しずつサラサラした液体に変化し、ゼリー状の液体(硝子体)の中に空洞ができ、眼球全体の容積が減ってきます。さらに、硝子体の液化が進行すると、硝子体と後方の網膜が離れてすき間ができてしまいます。これを「後部硝子体剥離」といいます。この現象は加齢変化による生理的なものです。
しかし後部硝子体剥離が生じる際に、硝子体と網膜が強く癒着している場合、または、網膜が弱くなっている場合には、収縮する硝子体に引っ張られるかたちで網膜が引き裂かれ、亀裂や穴、つまり網膜裂孔ができることがあります。 牽引性裂孔の方が網膜剥離に進行しやすいといわれています。

網膜剥離の治療法

網膜裂孔・網膜剥離の治療法は、以下の3つの方法があります。症状や剥離の進行状態によって、主治医がどの手術を行うかを決めます。

網膜円孔の場合

光凝固術(レーザー治療)

網膜にできた裂け目を塞ぐ処置には「光凝固法」があります。
網膜裂孔の場合に、治療の適応となるケースが多いです。ただし、網膜剥離が進行して居る場合は、この限りではありません。

瞳孔から網膜の穴に「レーザー」を照射し、焼き付けます。この処置をすると、裂け目の周囲の網膜とその下の組織がくっつくため、網膜が剥がれにくくなります。

≪条件≫
・網膜に開いた穴が円孔の場合(牽引性の裂孔でも対象となる)
・周囲に剥離がない場合
・牽引がない場合
⇒患者様の状態によって主治医が判断し、レーザー治療を行います。比較的剥離の程度が低い患者様に適応可能です。

網膜裂孔の場合

①強膜バックリング術(網膜復位術)

強膜(きょうまく)とは、眼球の一番外側にある、いわゆる「白目」の部分です。
強膜バックリングとは、裂孔部分を眼球の外側から治療する方法です。
網膜裂孔と眼球壁との距離を近づけるために、強膜を内側にへこむように、シリコンでできたバンドを強膜に縫い付けます。眼球を内側にへこませることで、網膜色素上皮と剥がれた網膜を接着させます。
また、穴の周りを白目の上から冷凍凝固や、白目に小さな穴をあけて溜まった水分を抜くなどの処置を追加することもあります。ほとんどの場合局所麻酔で行うことが可能です。
眼球表面の形は手術前と同じく丸いままですので、違和感はほとんどありません。
また、硝子体手術と異なり、手術後うつ伏せの姿勢を取る必要はほとんどありません。

②硝子体手術

硝子体とは眼球内にあるゼリーのような柔らかい組織のことで、眼球内の約8割をしめています。硝子体手術とは、網膜剥離を目の内側から治す方法です。眼球の白目に3~4カ所の小さな穴を開けて、細い器具を眼内に入れて操作する非常に繊細な手術です。硝子体を切除したのち、空気やガスを注入して網膜を元の位置に戻します。硝子体を切除したのち、空気やガスを注入し網膜を元の位置に戻します。また、患者さんの年齢によりますが、白内障手術を同時に行う場合が多いです。

≪術後の注意点≫
・硝子体手術の場合、眼内にガスを注入することがあります。ガスは軽いので、上方に向かう特性があります。
そのため、円孔・裂孔の発生部位によって、うつむき姿勢が必要な場合と、比較的短時間のうつむき姿勢で済む場合もあります。
術前の剥離範囲が黄斑部まで及んでいる場合は、上に向かうガスの特性を活かして、うつむき姿勢を長く保ち網膜を元の位置に押し戻す必要があります。

硝子体手術後は安静度が非常に重要です。術後の状態によりますが、術直後から数日間うつむきの姿勢をとっていただきます。
うつ伏せになる場合は、目を圧迫しない専用の枕を使用します。この専用の枕は、息苦しさや圧迫感など患者様からの声を反映し日々改良を行っているものです。また、当院では患者様の苦痛を少しでも軽減できるよう、小豆枕(ホットパック)やバランスボール使用したマッサージを実践しております。

術後のマッサージ

定期検査のおすすめ

網膜剥離は、年間1万人に1人程度に発症すると言われており、決して多い病気ではありませんが、誰にでも起こり得る病気です。
剥離部位が網膜全体に広がると、視野の欠け、そして急激な視力低下、失明にいたることもあります。まだ裂孔や円孔だけで網膜剥離になっていなければ、レーザー光凝固をすることによって剥離への進行を止めることもできます。
網膜剝離は早期に発見して適切な治療を受ければ、その後遺症を最小にとどめることができます。症状が出ている方は放置をせず、できるだけ早期に治療が必要なのです。飛蚊症や、視野が狭いと感じたら、すぐに眼科を受診することが大切です。

当院では、網膜剥離を含む網膜硝子体手術を年間600件以上、行っております。網膜剥離手術を得意とする医師が多数おりますので、気になる症状があれば、お気軽にご相談ください。