白内障手術

白内障とは

眼の中のレンズの役割をする「水晶体」が濁ってしまう病気です。

ピント合わせの機能をする水晶体は、若い時はゼリーのように柔らかく透き通っていますが、40歳を過ぎた頃から徐々に硬さを増し、さらに60歳にかけて次第に黄色くあるいは白く色づいてきます。
加齢による水晶体の硬化でピント調整がうまくできなくなった状態が老視(老眼)、透明性が低下し混濁してくるのが「白内障」です。

症状

  • 視界が全体的にかすむ
  • 視力が低下する
  • 光をまぶしく感じる
  • 暗いときと明るいときで見え方が違う など

見え方の例

白内障年齢別発症率

加齢性の白内障は早い人では40代から発症します。
80歳を超える頃にはほとんどの人がなんらかの白内障の状態になっており、90歳を超えるとほぼ全員が白内障になっているとされます。
白内障は決して特別な疾患ではありません。

治療法

白内障の治療は、病状の進行具合によって異なります。日常生活に支障がない初期の段階では点眼治療もありますが、水晶体が元に戻るわけではありませんので、見え方に支障を感じるようであれば手術治療を考えます。

手術は麻酔薬を点眼して行います。目の周囲に麻酔薬の注射を追加することもありますが、強い痛みを感じることはありません。
目の表面をほんの数ミリ切開し、濁った水晶体を超音波で砕きながら取り除き、そこへ人工水晶体である眼内レンズを挿入します。手術時間は20分程度で、日帰りまたは数日の入院で行える手術です。

術後のケアはとても大切です。定期的に診察を受けて、処方された点眼薬を正しく使って炎症や感染を防ぎます。

当院で使用している眼内レンズ

眼内に挿入されたレンズ(眼内レンズ)は生涯にわたり安定した固定性と透明性を維持しますので、交換や再手術の必要もありません。
眼内レンズにはピント調節機能はありませんので、手術後もメガネなどによる視力の矯正が必要な場合があります。挿入する眼内レンズについては医師と相談して決めます。

単焦点と多焦点レンズの違い

眼内レンズの種類と費用について

  • 単焦点(希望された距離の一カ所のみ)→保険診療
  • 多焦点(主に遠方・近方、中間距離の二カ所、遠方・中間・近方の三カ所)→保険外診療・先進医療※

※「先進医療」とは、厚生労働大臣が定め将来的に保険給付の対象とすべきか否かについて評価を行う高度医療技術を用いた療養です。(詳しくは→労働厚生省 先進医療の概要について
多焦点眼内レンズを用いた白内障の手術は健康保険の適用はいたしません。しかし、当院は先進医療を行う施設として承認されているため、手術前や手術後の診察は保険が適用されます。
また、民間の保険会社などの先進医療対応の保険に加入されている場合、先進医療に係る手術費用、入院費用、検査費用等全額が保険によって賄えるものもございます。詳しくはご加入の民間保険会社へご確認ください。

白内障眼内レンズ取り扱い一覧表

医療用レーザーを用いた白内障手術について

白内障手術の種類

白内障の手術は次の2つの方法からお選びいただけます。

  • 従来のマニュアルによる白内障手術
  • レーザーによる白内障手術

従来のマニュアルによる白内障手術

レーザーによる白内障手術

白内障手術の重要な工程にレーザーを使用します。

  1. 切開
  2. 前嚢切開
  3. 水晶体分割
  4. 水晶体吸引
  5. 眼内レンズ挿入

上記の1~3の工程にレーザーを用います。